質問によって、やる気を引き出すスイッチ

質問には 大きく分けて 効果的な質問尋問があります。

 

お母さんたちに 講座するとき

「こどもたちに しつもんしていますかぁ~?」

尋ねると

 

「はーい、しています。。」

 

「何で 玄関を片付けないの?」

「何で宿題していないの?」

「何で、洋服を片付けないの?」

 

 

・・・・これは、尋問です。

 

 

きっと 子どもからは

 

「今  やろうと思った のに

お母さんがそんなことを言うから

やる気なくした」

 

 

と 少々 にくったらしい 言い訳が返ってくることも。

 

 

そんな 子どもの反応に

さらにイライラが増し 怒り爆発(-“-)

 

 

でも、それには理由があるのです。

 

 

「どうして やらないの?」

「なんで できないの?」

 

 

と 言われると責められていると思い

自分自身を守る言葉のバリア として💘

「言い訳」 が返って来ます。

 

 

これは、勿論 子どもだけに言えることでは

ありません。

 

 

例えば

 

会社に遅刻したとき

「なんで、遅刻したの?」と言われると

 

とっさに、

「おばあちゃんが道に迷っていて」とか

「道路が混んでいて・・」とか

言い訳が頭の中を駆け巡ります。

 

 

そんな経験のある方

一度、質問を変えてみてください

 

 

「どうしたら いいと思う?」

 

 

子どもが、玄関の片付けしていないとき

「なんで、玄関 片付けないの?」ではなく

「どうしたら、玄関 きれいになると思う?」とか

 

遅刻してきた人に

「なんで、遅刻したの?」ではなく

「どのようにしたら、時間通りくることができると思う」とか

 

 

この質問は

「❤何か出来る事 やることに焦点」あてるので

言い訳が出にくいです。

 

 

「もしかしたら出来るかもしれない」

という前向きな行動を引き出す

いい結果になるかも知れません。

 

 

もう一度、言いますねっ

「なんで・・どうして」

言い訳を誘導する尋問です。

 

 

 

私が知りたいと思うことを 聞こうとすると

尋問になりがちです。

 

 

相手のことを思った質問

「どのようにすれば・・」という言葉を

頭につけて 質問してみてください

 

 

子どもは 質問に答えることで

やる気にスイッチが入るかも(^^♪

 

より良い行動を引き出すだし お互い気持ちのいい

関係を築くことができるはずです。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆ まほうの質問 ☆☆☆☆☆☆☆

「 あなたが、やる気を奪われるときは どんな時ですか 」
「 あなたの やる気スイッチは 何ですか? 」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

トップへ戻る