『ノートルダムの鐘』の舞台!ノートルダム大聖堂

 

「ノートルダム大聖堂」はパリ発祥の地、

パリの中心に流れるセーヌ川に浮かぶシテ島にあります。

 

「ノートルダム大聖堂」は パリ・カトリックの総本山で 

ヴィクトル・ユゴー原作のディズニー映画『ノートルダムの鐘』の舞台にもなった。

 

 

 

パリの建物を見ていると、時間が止まったように

歴史が見えてくる。

 

 

   

セーヌ川越し見るノートル・ダム大聖堂

 

 

バスを降りて、少し歩くと

透き通った 青空に

くっきりと ノートルダム大聖堂

映し出されている。

 

 

 

そこにそびえ立つノートルダム大聖堂は、

約200年もの年月を経た建築で最高傑作です。

 

大聖堂の入り口にある彫刻は 見ているだけで

想像力が 掻き立てられる。

 

 

 

入り口には 持ち物検査があって なぜか 緊張してしまう

 

 

 

大聖堂に入る際の注意がある。


帽子を脱ぐ
 男女問わず大聖堂内では帽子やフードなど頭を覆うものは外します。


静かに見学
 世界中から多くの観光客が訪れる場所ですが、同時に熱心にお祈りをする信者の方々も訪れます。信者の方々の邪魔にならないように静かに見学しましょう。


フラッシュ禁止
 大聖堂内は写真撮影ができますが、フラッシュ撮影は禁止されています

 

 

正面入り口

入場料は無料でした。(展望台は有料)

「聖アンナの門」と言うそうです。

(聖アンナとは、聖母マリアの母君、キリストにとっては、おばあさん)

 

 

1段目は天使の吹くラッパで蘇る死者達


2段目は中央の大天使ミカエルが魂の重さを量り、人々を天国(キリストの右側)と地獄(キリストの左側)に選別しています。

 

3段目は最後の審判のキリストです。 

 

天国行と地獄行きに分けられて
右の天使は十字架、左の天使は槍と釘を持っていて 右が聖ヨハネ、左が聖母マリアです。

 

 

 

 

 

 

ノートルダム大聖堂に足を踏み入れると

高い天井を仰ぎ見ながら 遠くにあるステンドグラス

美しさに足を止めたくなり 身が引き締まる思いになる。

 

 

 

  

ステンドクラスに近づくと、

聖書の世界をモチーフにした

ステンドグラスが3か所(西・北・南)に配置

されています。

 

 

 

円形のバラ窓は天国の花を表現していて、

 

西と北のバラ窓の中心には聖母子像

南のバラ窓の中心にはキリスト

 

 

 

が描かれています。

 

 

 

 

宗教美術の数々・キリストの生涯を描いた浮き彫りの彫刻に・・
立体絵本のように描いています。

 

 

正面入り口に戻って・・・

 

ノートルダム大聖堂の聖ドニ像

 

 

自分の首を手に持っている像

それを気にかけているような 天使

 

奇妙な彫刻である

 

気になるので、調べてみると

 

ローマ時代(3世紀頃)に今のパリの地の付近で斬首された殉教者で、切り落とされた自分の首を持って歩いたという伝説があり、後に聖ドニとして聖人に祀られた人物をかたどった像であった。

 

 

 

 

アダムとイブ・蛇の像

 

アダムに「リンゴ」を食べさせた 「イブ」と、最初 イブを誘惑し「リンゴ」を食べさせた蛇(サタンの化身)。

 

 

 

 

 

こちらは「聖母マリアの門」

 

 

建物の入り口を見上げると、西のバラ窓を外からも見ることができます。

 

 

ノートル・ダム大聖堂は

聖母マリアに捧げられた大聖堂、

 

ノートルダムとは「我らの貴婦人」という

意味のフランス語でフランスでは一般的に

「ノートルダム・ド・パリ」と呼ばれていて 南塔にはディズニー映画にもなった『ノートルダムの鐘』が設置されています。

 

 

 

 

パリから○kmはここから測る!「ポワン・ゼロ」

 

大聖堂の正面広場の石畳に埋め込まれている

直径70cmほどの丸い石盤。

「POINT ZERO」「DES ROUTES DE FRANCE」と

刻まれた文字があり、

パリから各地へ向けての道のりを測る起点

そう、ここがまさにパリの中心!

 

 

この石畳を踏むと、また この地に来ることができるそうです。

 

 

フランスにはノートルダムの名の大聖堂が全部で

8カ所ありますがいずれも 世界遺産に指定されています。

 

 

ただ

パリは、決して治安はいいとは言えない(-“-)

 

 

ノートルダム大聖堂に到着すると

ガイドさんからの一言!

 

「みなさ~ん、バックはしっかり握りしめましたか?」

の第一声

 

 

とってもスリが多いので、必ずバックは前で持ってください!

 

と、言われたにも関わらず ツアー客の夫婦が

見物に夢中になっている間に 財布をスラれてしまった。

 

おススメ

出し入れに使うお財布には 使うだけの小銭を入れ

残った現金は 別のところに入れておくことをお勧めします。(*´ω`*)

 

 

 

 

 

トップへ戻る