スポンサーリンク
チケットぴあ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

誤嚥性肺炎!ごっくんチェック

健康のイロハ
スポンサーリンク
クロックス オンラインショップ



ルミガン 1箱(3ml) レチノクリーム1箱(20g)セット


1月8日 放送
「教えてもらう前と後 」より


あなたは、大丈夫?

肺機能の衰えで 気をつけるべきは 慢性閉塞性肺疾患(COPD)だけではない!

 

肺の衰え引き起こす病気

こちらは、日本人の死亡原因

注目すべきは 5位の肺炎

そして、高齢者に多いのが 誤嚥性肺炎

 

誤嚥性肺炎とは

菌や食べ物が 誤って肺に入り 肺炎を引き起こす

健康な人の場合、一日に分泌されるだ液の量は1リットル弱。年をつるにつれ、唾液腺の機能が低下したり、血圧を下げる薬や尿の出をよくする薬などの影響で、だ液が少なくなり口が乾燥しやすくなります。

 

こういった事にならないように、まずは肺を鍛える

そして 更に飲み込みの機能をアップすること

 

誤嚥性肺炎をチェックしよう! その方法とは

飲み込みの力を 簡単に見る その名は ごっくんチェック

30秒で 何回 唾を飲み込めるかを計測すると「唾が出る」「飲み込むための喉の筋力」などのチェックができます。

 

 

30秒で 唾を8回以上飲み込める?飲み込めない?

 

30 秒で唾が何回飲み込めるか数えてみましょう

ごっくんチェック スタート

 

8回以上だと、飲み込む力はOK

回数 結果
6 回以上・・ 問題ない。高齢者の平均回数
5 回以上・・飲み込み力低下の恐れあり。
3 回以下・・要注意!!
2 回以下・・誤嚥の危険が高い!!

 

誤嚥性肺炎を未然に防ぐための体操「パタカラ体操」をお勧めします。

トップへ戻る