スポンサーリンク
チケットぴあ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

慢性閉塞性肺疾患(COPD)!ペットボトル1本で鍛える

健康のイロハ
スポンサーリンク
クロックス オンラインショップ

1月8日 放送
「教えてもらう前と後 」参考

池袋大谷クリニック
呼吸器内 大谷 義夫院長が教える


肺の病気 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」とは?

主な原因はタバコ!

肺に慢性的な炎症が起こる病気で、主な症状は「息切れ」「せき」「たん」最悪の場合「呼吸困難」に陥るという。

 

改善策は

肺そのものは 鍛えることはできないので、周りの呼吸筋を鍛える

 

弱った肺を 鍛える! その方法とは

※体調に合わせ無理のない範囲で行ってください

使うのは、ペットボトル 1本

 

その名もペットボトル呼吸法

 

ペットボトルを口にくわえて
息を「スーッ」と吸い込み 「フーッ」と吐き出す

呼吸する間隔は

イチ・ニ・イチ・ニ・イチ・ニ ・・
イーーチ・ニィーー・イーーチ・ニィーー・イーーチ・ニィーー・・

これを 3セット × 1日3回

呼吸する筋肉、呼吸筋が鍛えれ咳などの症状が抑えられるという。

女性の場合、基本的に筋力が弱いので 3回続けてやると、結構つらいのですが 鍛えていただければ もっと呼吸の状態がよくなる

 

あなたは、大丈夫?

肺機能の衰えで 気をつけるべきはCOPDだけではない!


【夢のAI通訳機 POCKETALK(ポケトーク)】

 

トップへ戻る