「 パタカラ体操 」は、うれしい効果がてんこ盛り!

健康のイロハ

 

「パタカラ体操とは?」

の代表的な トレーニングの一つです。

 

年齢とともに 唾液の分泌も促進され 噛む力・飲み込む力が衰え 楽しいはずの食事も苦痛になってきます。

また、口呼吸をしていると  口が乾燥し口臭の発生も。
さらに、いびきや歯ぎしりは健康をよくありません。

 

それらを改善するために、生まれたのが「パタカラ体操」

 

最近は、表情筋を鍛えられ 二重あごやほうれい線に対する美容効果が期待でき、その目的でやられている方は多いようです。

 

「パタカラ体操」は

〇 発声しながら口を動かす、「口の体操」のこと!

4文字を発声するので、「パタカラ体操」と呼ばれている。

口や舌・表情筋が鍛えられる


スポンサーリンク
DHCオンラインショップ


「パタカラ体操」はうれしい効果がてんこ盛り

 

効果は以下

1.咀嚼(噛む)、嚥下(飲み込む)機能が維持、向上

2.唾液の分泌が促進される(ドライマウスの防止)

3.いびきや歯ぎしりが改善

4.発音がはっきりし、口が動きやすくなる

5.入れ歯が安定

6.口呼吸から鼻呼吸になり、口臭が改善

7.小顔効果や顔のたるみなどのアンチエイジング

 

バタカラ体操のやり方!

まずは

パパパパパ、タタタタタ、カカカカカ、ラララララ3回繰り返し発声

 

発声のポイントは

 

「パ」の音は、口をしっかり閉じて発音する

口を閉じる筋肉が鍛えられることで、口の中の食べ物をこぼさないようにすることができます。

「タ」の音は、舌を上あごにくっつくように発音する

下の筋肉が鍛えられると、食べ物をしっかり押しつぶしたり、飲み込んだりすることができます。

「カ」の音は、のどの奥を意識して発音する

のどの奥に力を入れ、一瞬呼吸を止めることで、食べ物を飲む込む動作ができます。

のどを閉じることで、誤嚥を防ぎ、食べ物を食道に送ることができるようになります。

「ラ」の音は、舌をまるめるように発音する

舌をまるめてよく動くようにすることで、食べ物を喉の奥に運び、飲み込みやすくなります。

 

慣れてきたら

「大きな声で」「一文字一文字」「はっきりと」「早く」「繰り返して発声」すると、より効果的です。

 

「パタカラ体操」は替え歌に!

「パタカラ体操」長続きするためにも 楽しみながら やって下さい。

例えば、あなたが知っている
簡単な歌の歌詞を「パタカラ」に替えて歌ってみましょう。

『ドレミ』『チューリップ』などがおすすめです。

 

ドレミの曲で歌う。
「パタカラ、パタカラ、パタカラ、パタカラ」

チューリップの曲で歌う。
「パパパ、タタタ、カカカカ、ラララ/パパパ、タタタ、カカカカ、ラララ/パパ、タタ、カカカ、ラララララ」

習慣になるよう、続けてみてくださいね。

 

「パタカラ体操」は、いつするのが効果的?

 

お食事の前に行うことをオススメします。

 

運動前の準備体操と同じで、実際に食べる前に体操しておくことで、口や舌の動きが慣れて食事しやすくなります。

 



YouTubeなどにも、動画が配信されていますので参考にするといいですね。

他にも
●唾液腺マッサージ
顔には、3 つの代表的な唾液腺があります。唾液の出が悪い方は
1つの唾液腺につき 1 分を 3 セット、1 日 3 回を目安に
行いましょう。

●頬の運動
唇をきつく締め、頬を膨らませる・へこませる、を交互に行います。
余裕のある方は、ぶくぶくうがいをするように頬を動かす体操もしてみましょう。

 

トップへ戻る